--
--.--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.20
*Sat*

ぴんぽーん

CATEGORY : 日常
秋の恵みたち


人生で何度もない大変なことを乗り越えた友人へプレゼント
もらって帰ってきた、たっくさんのおいしいをおすそ分け\(^o^)/
ラッピングって楽しいね!
最近の100均は有能ですね…かわいいのいっぱいでびっくりしたわ

課題が終わるまでお絵かきしない縛りがつらい
でももうちょっとだから~~~がんばります

*


続きでこの友達とのどうでもいい昔話
ちょっと吐き出したいだけなのでスルー推奨です







ぶっちゃけ、
ぶっちゃけた話、

彼女には
小5・6といじめられた記憶しかなかったんだけども。


しかも、家が近所で昔からよく遊んでたから
親同士は何も知らないし
教室の一角がいくら冷え切ったって
あのころはまだ問題になることなんてなかった。


でも、思い返してみると
あの子もまた苦しかったんだなぁ
ああするしかなかったのかもしれないなぁと
最近思えるようになったんですよね。

時間って不思議なもので
嫌なことを思い出したくないというより
あんなこともそんなこともあったから
今の自分になっているんだと
そんなに悲観するようなことでもないんですよ。

思春期女子独特の距離感と
なんでもうやむやにする暗黙のルールみたいなものに包まれて
中学校時代は何事もなかったかのように過ぎ去ったけど

高校が分かれて。

大学も全然違う部類で。

わたしより早く大人になって。

近所にいても遠い存在だったのに、10年ぶりに来たのは結婚式の招待状。


すっごいびっくりしたけれど
そのときには、心からおめでとうと言えた。
赤ちゃんを見に行って、すごくかわいいと思った。


過去は過去。
あったことは絶対忘れないし、忘れてほしくない。
でも今おしゃべりをしていると、彼女の言葉の端々に
わたしが知らない時代の苦労と
わたしが知っている時代の後悔がにじみ出てるのが分かる。


わたしたちも子供だった、ということなんだろうなぁ。

これからは、
これからのあなたを見るし、
昔のあなたも知ろうと思うようになったよ。

だから、もう一度
よろしくお願いします。

*




おしまい。わっけわかんねぇ\(^o^)/
ここまで見てくださった方、忘れてください!;
駄文すみませんでした
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 続・てのひら All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:フリー素材*ヒバナ *  * )     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。